日々のエッセイ

春野町の碩学、郷土史研究家の木下恒雄さん(85歳)を訪ねた

連日の山里の鉄人めぐり。きょうは春野町の碩学郷土史研究家の木下恒雄さん(85歳)を訪ねた。

——————–

北遠の林業史、お茶栽培の歴史、村の成立史、災害史など、多岐にわたって造詣が深い。「お茶の文明史」「山林の思想」「遠州林業史」「嫁取り婿取りばなし百話」「山国兵士の出生ものがたり」『山の人生 川の人生』「自然災害史」など、著作は30冊余になる。

今年になって、春野町の集落ができた背景となった王子製紙の歴史「山里にやってきた文明開化」をまとめる。

——————-

堺屋太一の「平成30年」(上下)を読みたいが、書店にないと言うので、代わってAmazonで注文して持参したのだった。先日訪ねたときには、百田尚樹の「日本国紀」「承久の乱 日本史のターニングポイント」などを読んでおられた。

東京で警察官をされていた。30年前に故郷の春野に戻った。語り口はつねに力強い。固有名詞も数字も正確。滔々と熱のある話。お訪ねすると、ゆうに5時間、6時間のお話になる。

——————–

向学心、研究心がすごい。たんねんに文献もしらべる。国会図書館から明治時代の新聞をコピーして送ってもらい、克明に災害の年表をつくり整理して書く。また、徹底して人に会って取材していく。一冊の本を仕上げるのに100~300人くらいに会う。テープレコーダなど使わない。メモして頭の中に記憶している。警察官時代の聞き取り調査の体験が元にある。

——————–

現職時代、ワープロなど世の中にない時代、本を書くために和分タイプライターを独学で習得。活字を拾いながら打ち込んだというのには、驚かされる。

奉仕活動もすごい。毎年100本ものサクラの苗木を河川敷に植えてきた。10年以上も続けたというから、千本にもなる。幼稚園児のために芋作りも、20年以上もされていた。老人ホームなどで、ボランティアてお話の会もされている。

——————–

あかりとも楽しく遊んでくださった。木のロボットまで頂いた。あかりが紡ぐ森のなかでのロボットさんと物語を楽しんでくれた。

 

 

f:id:ichirindo:20190331193120j:plain

f:id:ichirindo:20190331193200j:plain

f:id:ichirindo:20190331193103j:plain

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. てんてぐ村
  2. はるのびより 創刊号
  3. アクセサリーを作って

最近の記事

ページ上部へ戻る