アーカイブ:2016年 11月

  1. %e7%b7%8f%e5%92%8c%e4%bc%9a%e3%81%ae%e8%ac%9b%e6%bc%94

    禅宗のお坊さんたちの前で講演を

    禅宗のお坊さんたち50名余。その前で講演させていただくことになった。クラウンパレスというホテルの会場。高い壇上からの話で聴衆と距離があるので、ちとやりにくい。話の素材は整理していたけど、主催者の一番えらい老師との打ち合わせが必要だ。老師からの依頼では、「いま寺院消滅という時代がきつつある。

  2. %e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%8803

    「みんなの家」で恒例のコンサート

    雨の中、近所のデイサービス「みんなの家」で恒例のコンサート。ハーモニカ、ケーナ、そして尺八の演奏。参加者は20名くらい。ほとんどおばあちゃん。みなさんアシがないので、送り迎えしてくれる。ぼくはあかりを抱いて徒歩1分の距離。あかりをみんな可愛がってくれる。いろいろと出会いがすすむ。

  3. 失敗したりどん詰まりになったことなら話せるが

    今月は、講演が2本。ひとつは市の生涯学習課の主催で、地域づくり人材養成講座の講師。「神社・寺カフェ」のイベントを企画したこと、無農薬の田んぼづくりのこと、定住促進の事業について話をさせていただいた。仏教について、参加者の問題意識がたくさんあった。仏教、生き方、先祖供養など。

  4. ゴム製の湯たんぽ、なかなかすぐれもの

    ゴム製の湯たんぽ、なかなかすぐれもの。おなかと腎臓をあたためる。仙骨と背中もいい。まったりとじんわりとぬくぬくしてくる。とがった心が平らかになる。イライラ、焦り、絶望感がとれてきて、まっいっかぁ、なんとかなる、という身体感覚が訪れる。さらには、湯たんぽをシュラフに入れて下半身を温めている。

  5. %e5%b1%b1%e3%81%ae%e6%9d%9101

    食の達人たちの深い話にひきこまれた

    45ヘクタールの森。500人が収容できる施設。それが春野の山の村。かつては、県の林間学校だったが、事業がおわって民間に競売となった。地元の集落が落札して、NPO法人春野山の楽校が運営している。

  6. %e3%81%82%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%81%a8%e3%81%8a%e3%81%af%e3%82%99%e3%81%82%e3%81%a1%e3%82%83%e3%82%9302

    出会うのはお年寄りばかり

    あかりをリヤカーに乗せて散歩すると、出会うのはお年寄りばかり。バス待合室のおじいちゃん、銀行振込に来たおばあちゃん、畑で野焼きしていたおばあちゃん、世間話していたおばあちゃんたち。小さい子はめずらしいので、みなさんかわいがってくれる。クルマのおもちゃをもらって、ご機嫌で動かしていた。

  7. %e9%9c%a7%e3%81%ae%e4%b8%b801

    ここはもう営業しない。解体には、1千万円以上もすると思う。

    ここはもう営業しない。おおきな重量鉄骨の建物がひとつ、ロッジが10棟、そして50人以上はいれる食事処もある。駐車も100台くらい。国道に面している。すぐ裏が気田川の清流が流れている。いちぶ借地なので、返すにあたっては更地にしないといけない。解体には、1千万円以上もすると思う。

  8. %e3%83%88%e3%82%99%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%83%98%e3%83%aa01

    ドクターヘリが降り立つ

    バババババ、ブルンブルンと音が聞こえる。あかりを連れていった。すぐちかくの運動公園には、月に一度くらい、ドクターヘリが降り立つ。救急車なら1時間あまりのところ、ヘリなら聖隷の三方原病院まで10分だ。脳梗塞で倒れた方を緊急搬送していた。

  9. %e3%81%82%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%81%a8%e5%ae%9a%e4%bd%8f%e4%bf%83%e9%80%b2%e3%81%ae%e6%b4%bb%e5%8b%95

    妻とあかりを連れて、山里の空き家リサーチ

    妻とあかりを連れて、山里の空き家リサーチ。民生委員をしていた花田さんをひさしぶりに訪ねた。売りたいという家があるよというので、じゃあ見に行きましょうと出かけた。花田さんが連れている甲斐犬はランの姉妹だ。日当たり、風通し、見晴らしがとてもいい家だった。

  10. %e3%83%a9%e3%83%b3%e3%81%ae%e6%95%a3%e6%ad%a9

    毎朝のランの散歩コース

    毎朝のランの散歩コース。事務所のすぐ前。こんなにすがすがしい川がすぐそばを流れている。

おすすめ春野くらし

  1. はるのびより 創刊号
  2. アクセサリーを作って
  3. てんてぐ村

最近のエッセイ

タグ

ページ上部へ戻る