日々のエッセイ

ゴム製の湯たんぽ、なかなかすぐれもの

ゴム製の湯たんぽ、なかなかすぐれもの。おなかと腎臓をあたためる。仙骨と背中もいい。まったりとじんわりとぬくぬくしてくる。とがった心が平らかになる。イライラ、焦り、絶望感がとれてきて、まっいっかぁ、なんとかなる、という身体感覚が訪れる。

さらには、湯たんぽをシュラフに入れて下半身を温めている。しかも2枚重ね。南極でもオッケーみたいな最強のシュラフだよ。だからもうぽっかぽか。朝、温めた湯たんぽが翌日の朝まであたたかい。これで真冬でも大丈夫。

身体を芯からじんわりと温める頭寒足熱は、仕事の効率もよくなる。この反対で、頭熱足寒になりると最悪だ。イライラ、カサカサ、ムカムカとなって、効率悪いし、人間関係のやりとりもよくないし、疲れと怒りがたまるのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. はるのびより 創刊号
  2. てんてぐ村
  3. アクセサリーを作って

最近の記事

ページ上部へ戻る