日々のエッセイ

「みんなの家」で恒例のコンサート

雨の中、近所のデイサービス「みんなの家」で恒例のコンサート。ハーモニカ、ケーナ、そして尺八の演奏。参加者は20名くらい。ほとんどおばあちゃん。みなさんアシがないので、送り迎えしてくれる。ぼくはあかりを抱いて徒歩1分の距離。

あかりをみんな可愛がってくれる。いろいろと出会いがすすむ。93歳の酒井さんは、ひとり暮らし。白菜も大根も何10キロと作っている。キュウリの味醂粕漬けが絶妙に美味しい。こんど、いただけることになった。

81歳の恩田さんは、緑内障で目がほとんど見えない。けれども、娘さんに口述筆記してもらって小説と短歌を創作している。浜松市の「市民文芸」にも投稿し、佳作をもらった。

こんど書くネタがないというので、いろいろ聞かせてもらう。母親は、奥深い山里で現金収入のないなか、炭俵を編んではそれを売って生計を立てていたという。「そんな話いいですね。それを書いてみたら」と。そんな話をさせてもらった。

こうしておばあちゃんたちと親しくなることで、地域の情報、空き家の情報など、定住促進につながる流れもできていくのだと思う。

%e3%81%bf%e3%82%93%e3%81%aa%e3%81%ae%e5%ae%b6%e3%82%b3%e3%83%b3%e3%82%b5%e3%83%bc%e3%83%8802

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. はるのびより 創刊号
  2. アクセサリーを作って
  3. てんてぐ村

最近の記事

ページ上部へ戻る