【国立】第1回 田舎暮らし入門講座〜移住説明会

「山里の 田んぼ作りと 子育ちと 聞いてみよう。
田舎暮らし 大丈夫?」〜移住説明会

2017(平成29年) 12月13日(水)14〜17時
くにたち公民館 集会室
参加費:無料
定員:20名/要予約
予約:080-5412-6370(池谷)
会場(公民館)は国立駅から西に徒歩5分

「いつか、田舎暮らしをしたい」。

そんな夢があっても、さて、どこがいいのか。暮らしていけるのか。費用は。空き家は。仕事は。地域とのつきあい。子育て。いろいろ大丈夫?
あれこれ考えているうちに、時はたってしまう。そうしてやっと田舎暮らしをはじめた。けれど、もう体力がもたない。……なんてこともある。
なので、まずは田舎暮らしの「実際の体験」を聞いてみるのがいい。
講師は、20年間、国立に暮らした。7年前、遠州の山里・春野町に移住。そこは、人口5千の過疎と高齢のまち。耕作放棄地はひろがる。
そんな山里で、編集の仕事をしながら農業にも挑戦。どうせやるなら完全無農薬・無化学肥料だ。8千平米の田畑と山林で、米と大豆、ブルーベリー、栗などを栽培。
こんなはずじゃなかった。失敗や後悔もたくさん。『人生の楽園』みたいにはいかない。実力が試される。手応え十分。たのしさもしっかりある。そんな田舎暮らし体験を語る。
当日は、時間が許すかぎり、移住相談など、じっくりとおつきあい。

〈当日のスケジュール〉

18:30開場
19:00〜20:00 体験とスライド上映
20:00〜21:00 質疑応答。自由なやりとり。参加者との交流。

〈チラシは、下記よりダウンロードできます。〉

(リンクまたは画像を右クリック → リンク先のファイルをダウンロード、リンク先のファイルを別名でダウンロード、別名でリンク先を保存、の操作でダウンロードできます。)

【PDF】

第1回 田舎暮らし入門講座(サイズ:1.0M)

第1回 田舎暮らし入門講座small(サイズ:0.4M)

【画像(jpeg)】

(画像のリンク先を保存)

第1回 田舎暮らし入門講座

講師プロフィール

国立に暮らすこと20年余、山里の春野町に移住して7年。山里の魅力発信と定住促進の事業を行っている。仏教書と医学書の編集・執筆の仕事をいとなむかたわら、有機農業を実践。
市民と寺社をつなぐネットワークづくり「神社・寺カフェ」、「納得のいく看とりとおくり」講座などを主催。
静岡県浜松市天竜区春野町在住。NPO法人理事長。いちりん堂(編集プロダクション)主宰。早稲田大学法学部卒。64歳。ブログは毎日発信、「いちりん堂」「楽舎」で検索。Facebookでも発信。

主催

NPO法人 浜松市 中山間地域まちづくり事業
静岡県浜松市天竜区春野町気田946-1 TEL 053-989-1112
東京事務所 国立市中1丁目1-12 ドムス国立102 カイラス内

おすすめ春野くらし

  1. アクセサリーを作って
  2. はるのびより 創刊号
  3. てんてぐ村

最近のエッセイ

タグ

ページ上部へ戻る