日々のエッセイ

蔵も使える。喫茶店もできそう。プチコンサートも。

一年間、おためし住宅に暮らしていたM君、31歳。いよいよそこを出なくてはならずに、新しい住まいを探していた。
 
(おためし住宅は、地域になじんで春野の暮らしをよく知ってもらい、定住するための住居を探すためのもの。家賃は月に1万3千円)
 
アテにしていた空き家があったが、次々と、やっぱりダメということになって、困っていた。だが、ちょうどタイミングよく、キャンセルとなった大きな空き家があったので、そちらを案内した。
 
家主との面接では、借りてくれればありがたいということで、月に1万5千円の家賃にしてもらう。ものすごく広い。蔵も使える。喫茶店もできそう。プチコンサートも。
 
となりでは、ヤママユの機織り、そして和紙作りをしている方がいる。M君は、アイルランド民謡の笛を吹いたりするので、ここは文化発信のおもしろいフィールドになるかもしれない。
 
ただし定住するにあたっては、地元との付き合いがたいせつ。ということで、自治会長との顔合わせをセット。そちらもクリアー。まあ、祭やら草刈りやら消防団やら、いろいろと煩わしい行事もあるけれども、そこはなんかとうまくこなしてもらいたいところ。ぼくのほうで、今月、契約書を作るこ。
 
M君は昨年は、一緒に無農薬の田んぼ作りに参加してくれた。今年も、主要メンバーとして関わってもらえることになる。若いチカラは貴重なところ。

 

村松 空き家02 村松 空き家03

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. はるのびより 創刊号
  2. アクセサリーを作って
  3. てんてぐ村

最近の記事

ページ上部へ戻る