日々のエッセイ

ついには、びしょびしょ

朝、目が覚めると、あかりはふたつの拳同士をさかんに叩く。それは外に出たいという合図だ。まだ喋れないので、それで示す。痛い、もっと、歩きたい、などいくつかの合図を覚えている。

外にでれば、日の光、鳥の声、風、草、樹、水、土。たくさんの宝物がある。水たまりを見つけると入っていく。足で踏んではびちゃびちゃと音を立てる。やがてすわりこむ。手で触っては、冷たさをたしかめている。ペチャペチャと叩く。

水面は、光が反射してきらきらしている。水に映る自分の姿の揺れるさまを眺めている。いつまでもやめない。ついには、びしょびしょ。春になったら、田んぼで思いきり泥んこあそびをさせよう。

 

%e6%b0%b4%e9%81%8a%e3%81%b2%e3%82%9902   %e6%b0%b4%e9%81%8a%e3%81%b2%e3%82%9903

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. はるのびより 創刊号
  2. てんてぐ村
  3. アクセサリーを作って

最近の記事

ページ上部へ戻る