日々のエッセイ

日当たりのよいところがいい。湿気の少ないところがいい

冬はいかなる所にも住まる。暑き比(ころ)わろき住居(すまい)は、堪へがたき事なり。〜徒然草。

兼好の暮らしていた京都の暑さは、すさまじいので、これはよくわかる。しかし、いまはエアコンでなんとかなる。

ただ、家づくり、あるいは買う時の基本。なんといっても、日当たりのよいところがいい。湿気の少ないところがいい。

ぼくは、そこは大きく失敗した。日当たりは、よくない。沢の水が流れいてワサビが育つ。しかし、湿気がある。カビが生える。寒い。

家づくりからいうと、「断熱」がたいせつと感じる。薪ストーブを入れている家にいっても、寒いところがある。聞けば断熱材を入れてないようだ。温かさが、どんどん逃げるわけだ。

石油ストーブひとつ、あるいは無しでも、温かい家がある。それは、断熱材をちゃんと入れているからだ。そして窓は二重サッシがいい。

こういうことは、あとから気づく。そして、もう遅いわけだけど。まあ、いろいろ工夫次第で、なんとかなるし、なんとかしなくちゃいけない。

あとは騒音とか、風あたりとか、いろいろある。周囲の人たちの温度差もある。そのことは、また別の機会に。

京都の厚さ耐えがたい。しかし、いまはエアコンでなんとかなる。
 
ただ、家づくり、あるいは買う時の基本。なんといっても、日当たりのよいところがいい。湿気の少ないところがいい。
 
ぼくは、そこは大きく失敗した。日当たりは、よくない。沢の水が流れいてワサビが育つ。しかし、湿気がある。カビが生える。寒い。
 
家づくりからいうと、「断熱」がたいせつと感じる。薪ストーブを入れている家にいっても、寒いところがある。聞けば断熱材を入れてないようだ。温かさが、どんどん逃げるわけだ。
 
石油ストーブひとつ、あるいは無しでも、温かい家がある。それは、断熱材をちゃんと入れているからだ。そして窓は二重サッシがいい。
 
こういうことは、あとから気づく。そして、もう遅いわけだけど。まあ、いろいろ工夫次第で、なんとかなるし、なんとかしなくちゃいけない。
 
あとは騒音とか、風あたりとか、いろいろある。周囲の人たちの温度差もある。そのことは、また別の機会に。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. アクセサリーを作って
  2. はるのびより 創刊号
  3. てんてぐ村

最近の記事

ページ上部へ戻る