日々のエッセイ

マルカワの蔵に寄った

二俣のマルカワの蔵に寄った。春野からクルマで30分。北遠の玄関口、二俣にある。古い酒屋の蔵を利用したギャラリーで、地域の寄りあい場になっている。NPO法人元気里山が運営している。本島夫妻が常駐して、いつも暖かく迎えてくれる。

昭和レトロの道具たちが展示されていた。単品だけならわがやにもあるけど、こうしてきっちりと統一感をもって並べてあると、とてもいい感じだ。

チンチンチン。そこにちょうど、わらびもちのおじさんがやってきた。冷たいわらび餅が50円。銀座で歩いたら500円で売れる、冷たい抹茶とセットで 1000円で売れる。そんな話をしたのだった。ところで、このうちかけを3,000円で買った。目出たい、ど派手だ、気に入った。さて、なにに使おうか。

レトロ展01  わらびもち

うちかけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. アクセサリーを作って
  2. てんてぐ村
  3. はるのびより 創刊号

最近の記事

ページ上部へ戻る