日々のエッセイ

寄り合いの場づくり

栗ひろいを手伝ってくれたおばあちゃんたちと話していて、自由なおしゃべりがとってもたいせつと思った。
 
おしゃべりできる友だちがいる。寂しくても辛いことがあっても、わかりあえる友だちが近くにいること。そうした寄り合いの場があること。それが生きがいの大きな要素だ。
 
公民館がほんらいそうした寄り合いの場であるはずだ。だが、いつも鍵かかかっていて、自由に出入りができない。自治会の集まりのとき、集金のとき、祭のとき、葬儀のときくらいにしか使われていない。
 
もっと気楽に寄れる小さな場。ちょっと食事ができてお茶が飲めて、木陰で涼しくて、寒くなったら日向ぼこができて、そういう場所が。
 
楽舎の事務所と店が、そういう場になっていければなあと思っている。そのための改装とか片付けとか、時間はかかるけど。方向性としては。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. アクセサリーを作って
  2. はるのびより 創刊号
  3. てんてぐ村

最近の記事

タグ

ページ上部へ戻る