日々のエッセイ

若い方たちが農業をやりたい、山里に移住しようとしている

春野人めぐり─4〉二日目のきょうは、来訪者3組4名。ゆったり話ができてちょうどよかった。

若い方たちが農業をやりたいということで、山里に移住しようとしている。耕作放棄地はたくさんある。高齢になって、もうつづけられなくて譲ってもいいというお茶園、みかん園がたくさんある。そこを継承して、収益を上げていく道があるのではないかと思う。

まず、有機農業をやりたいという赤ちゃんを連れた夫婦。農地を借りて耕しつつ、農地を取得して、一部、農転して家を建てたい、と。

仮登記から本登記の流れ、農地法3条申請のことなどアドバイスさせてもらった。農地の取得は、農家でないと不可能で、そのために農家資格をとる必要がある。書類的な段取りが煩瑣である。そのあたりの話をさせてもらった。

次に来られたのは、みかん農家になった新規就農の二年目の方。いま収納している地域では、高齢でみかん園をやめたい人がたくさんいるのだという。新規就農支援制度のはなし、みかんの販売ルートのことなど、語りあった。

そして、ご近所の神主のOさんが来訪。いま企画している神仏大学についてのはなしなど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. てんてぐ村
  2. はるのびより 創刊号
  3. アクセサリーを作って

最近の記事

ページ上部へ戻る