日々のエッセイ

10年住んで家賃を支払い続けたら、土地も家もあげますということに

きょうは春野に移住したいという人に、空き家の案内をした。家賃5千円、2階建ての一軒家。風通し日当たり、景色も抜群。納屋も屋根付き車庫もある。ただし、水回りや電気工事は、借り主の負担となる。
 
しかし、山里での空き家は、いろいろ手を入れて修復しても、いつ何時、出ていってほしいといわれるかもしれない。そういう恐れはある。事実、移住者で2組、そういう事例があった。ある人は数百万円かけて家をリフォームしたのに、出て行く羽目に。
 
そこで、10年住んで家賃を支払い続けたら、土地も家もあげますということにしてはどうか。そういう提案。で、その方向になりそう。一時にまとまった現金がない人は、それがいい。
 
家賃を払い続けても、それがやがて自分のものになるというのであれば、リフォームのしがいもある。住んでみたけど、やっぱり家はいらないという場合でも、家賃と考えれば、それはそれでいいわけだ。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. はるのびより 創刊号
  2. てんてぐ村
  3. アクセサリーを作って

最近の記事

ページ上部へ戻る