日々のエッセイ

ICレコーダとGoogleの音声入力の組み合わせを考えてみた

ICレコーダとGoogleの音声入力の組み合わせを考えてみた。わりとうまくいった。

なにしろ春野という山奥に暮らしているので、まちなかに出かけるのに、往復50キロも100キロもかかる。往復で1時間も3時間もかかる。たまにしか出かけないにしても、運転の時間を活用したい

これまでは、運転しながらICレコーダにつぶやいて、それを文字起こしした。しかしこれ、かなりかったるい。なので、どんどんデータが増えて完全にデッドストックとなる。もう二度と聞くことはない。

じゃあ直接、音声入力がいい。ということで、iPhoneに向かって、音声入力した。こちらは精度が高い。しかし、運転しながらだとあぶない。交通規則違反。なので、時々クルマを停止しては、まとめて音声入力していた。

しかし、たびたびクルマを停めるのはかったるい。止める場所によっては、危険になる。

そこで、きょうのトライアルだ。ハンドルを握りながら、左手でICレコーダをもち、ひらめいたら録音していく。ラクだし交通違反ではない。操作は一時停止ボタンのみ。

そして、ここがミソだ。帰宅して、パソコンでGoogleドキュメントを起ち上げて、Googleの音声入力をセットする。指向性のマイクの横にICレコーダを置いて、再生する。そのままほうっておいたら、なんとか音声変換されている。これは楽ちんだ。

ただ、ICレコーダのスピーカの音質が良くないので、精度は低いな。いいスピーカにつなげれば、精度はあがるはず。そして、録音する時には、ゆっくりと正確に発音するクセをつければよい。そのことは、滑舌の訓練になる。あとは、ひとつのセンテンスの後に、間合いを置くこと。

ということで、こちらは音声入力をもとにして書いた。もちろん、すこし編集している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. アクセサリーを作って
  2. てんてぐ村
  3. はるのびより 創刊号

最近の記事

ページ上部へ戻る