日々のエッセイ

お姉ちゃんたち、あそんでくれなかった……。そう、お母ちゃんにつぶやいていた

ほたる公園からお姉ちゃんたちの声が聞こえる。

その声を聞いて、あかりが「行きたい」という。

あかりは、お姉ちゃんたちが好きだ。それは、やさしく遊んでくれるから。それを期待しているのだ。

じゃあいくか。嬉しそうだ。ほたる公園につれていく。

ところが今日のお姉ちゃんたちは、初めての出会いだった。

仲間で楽しそうに遊んでいる。そこに3歳児が仲間に入れるわけがない。

あかりは、遊んで欲しいなと思いつつ、近づいていく。

でも、お姉ちゃんの方ほうは、自分たちのあそびに夢中。声をかけてくれない。3歳の子と、どうやって遊んでいいのか、とまどうと思う。

あかりは遠くから眺めていて、微妙な距離で近づいていく。また駆け戻ってくる。やがて少しずつ近づいていく。

ぼくが、単独で近づいたら、アヤしい人物と思われる。あかりのおとうちゃんというところから、声をかける。聞けば、小学校4年と6年生の4人。

年齢は、10歳から12歳くらいかな。一緒にお遊びは難しいなあ。これが2歳から7歳くらいだと、一緒になんとか遊べると思うけれど。

友だちになりたいなあ、声かけてほしいなあ。声かけられないしなー。どうしようかな。そんなあかりの心中の動き。ちょっと切ない気持ちにもなる。

結局、一緒に遊んでもらえず、お姉ちゃんたちを眺めながら、あかりはひとりでブランコに乗っていたのだった。

帰宅したら、お姉ちゃんたち、あそんでくれなかった……。そう、お母ちゃんにつぶやいていた。また、次に少しずつだね。

f:id:ichirindo:20180926064937j:image:w640

f:id:ichirindo:20180926064935j:image:w360

f:id:ichirindo:20180926064932j:image:w360

f:id:ichirindo:20180926064930j:image:w360

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. アクセサリーを作って
  2. はるのびより 創刊号
  3. てんてぐ村

最近の記事

ページ上部へ戻る