日々のエッセイ

勝坂の空き家に住みたいという

月に3~4件の移住相談がある。こちらの時間が許せば、春野の空き家を案内している。19日はOさんを案内。行政からの紹介だ。木工をやりたい、辺鄙なところで構わない、人里離れた空き家を希望。そこで、神楽の里の勝坂の空き家を案内した。

廃屋になりかかっているが、自力で修繕できそうな家がある。そこを気に入ってくれた。ここの家賃は、なんと年間6千円。家の前には清流がながれ、草を刈れば広い庭が現れる。そして、背後には廃校と広葉樹の森が広がる。かなりの一等地だと思う。補修費用だが、予算があれば、天竜区から補助金が出る可能性もある。補修費用の半額、経費の半額、マックス120万円まで。

かれは41歳。ここの集落は14世帯。もっとも若いので、いろいろと期待されると思う。地域の祭の手伝いから、草刈りなどの村の役仕事から。いろいろと厄介なことも出てくるとは思うが。そのあたりは、地元の世話役の方につないだ。ただ、大きな問題はある。世話役の人から、なんどもトライしてもらっているが、空き家の所有者と連絡が取れないのだ。しばし時間がかかるかな。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. はるのびより 創刊号
  2. アクセサリーを作って
  3. てんてぐ村

最近の記事

ページ上部へ戻る