日々のエッセイ

伝統のワザを若い人に伝えたいという宮大工

20150512222742

78歳の宮大工の方。。そのための学校を作りたい「金はない。いや、金がないからこそできるのだ」そう言っていた。その方から電話をいただき、相談を受けていた。まだお会いしたことはない。

「ぼくも金はありません。でも、いろいろと人は紹介できるかもしれません」ということで、水窪の木工制作の廣山さん、そして中野さんを紹介した。中野さんからは、新城市で廃校を活用している「のき山学校」を紹介していただく。新聞にも投稿した。

そんなことで、この20日、かの宮大工の方は、相模原から愛知県の東栄町、浜松の水窪町をみてまわる。そのとき、ぼくは初めてお会いすることになる。先がどうなるのかさっぱりわからない。しかし、そういう流れはいつものことで、そこがおもしろい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. アクセサリーを作って
  2. てんてぐ村
  3. はるのびより 創刊号

最近の記事

タグ

ページ上部へ戻る