日々のエッセイ

屋根のある休憩場所にもどってこないよ

アイガモたちの体力にはびっくり。早朝、昼間、夕方と三回見に行って、それぞれ一時間ほど観察していたが、ずーっと泳いでいるのだ。休まない。止まらない。浮かんでのんびりということが、まったくない。

浮かんで水かきのある足を動かしているだけで、スイスイとすすむ。かれらには、歩いているようなものかもしれない。が、それにしても速い。サッカーやスケートを休まずに続けているような体力だよ。すごすぎる。

いっぽう、まだ田んぼにデビューしていないヒナたちは、納屋の育雛箱のなかで、寒そうにおしくらまんじゅうで温めあっているのだ。それが、ひとたび水田に放すやいなや、ぐんぐんと泳ぎだして、すいすいと移動している。不思議だ。

ただ、心配なことがある。暗くなるまでずっと観察していたが、ずーっと泳ぎ続けていて、ついには姿が見えなくなった。屋根のある休憩場所を作って、寒くないように箱もセットした。だが、そこに戻ってきてくれない。もう真っ暗だ。月が出ても見えない。

もしや戻れなくなって、水上で一夜を明かすことになるのだろうか。そうなると、低体温症で死んでしまうのではないか。そんな心配をしているところ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. はるのびより 創刊号
  2. てんてぐ村
  3. アクセサリーを作って

最近の記事

タグ

ページ上部へ戻る