日々のエッセイ

道案内は、自分自身の楽しさ、快適さ、自由さ、ラクラクさだ

外を歩きたい、外を歩きたい。あかりは、二つの拳を盛んに叩いてアピールする。言葉は出ないが、ジェスチャーで示す。きょうもまた、ちかくのホタル公園に連れて行く。

ずっと歩いている。倒れるとすこしつらそうな顔をする。また立ち上がる。そしてまた倒れる。立ち上がる。歩く。その繰り返し。楽しくて仕方がないようだ。

子どもにとって、「これが正しい」というものはない。教わるものもない。教科書もお手本もない。自ら試してみて、失敗して、また試してみて、うまくいった。そしてまた挑戦していく。その繰り返し。

その過程の中で、ムダな動きをなくしていく。もっとも無理のない自由な動きを発見していく。身体の神経回路をむすんでいっている。道案内は、自分自身の楽しさ、快適さ、自由さ、ラクラクさだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. てんてぐ村
  2. はるのびより 創刊号
  3. アクセサリーを作って

最近の記事

ページ上部へ戻る