日々のエッセイ

エダマメがおいしい

%e6%9e%9d%e8%b1%86

エダマメがおいしい。エダマメは、未成熟で青いうちの大豆だ。むかしは、ちがうものと思っていた。山里に越してきてわかった。

あと一か月くらいすると、皮が茶色くなって実が固くなる。それから収穫して、半月ほど天日干し。脱穀して大豆となる。

種まきは7月16日だった。梅雨明けの直前くらいに播くのがよいとされる。黒大豆、緑大豆、黄大豆の三種類を蒔いた。

播くときの注意は、鳩に食べられないようにテグスを張ること。シカに苗を食べられないように電気柵を張ること。あとは、ときどき草の取りと土寄せ。肥料も農薬も、なんにもつかわない。

去年は200キロとれた。連作だが、今年も200キロくらいだろう。大豆の栽培はむつかしいことはない。世話もほとんどいらない。ただ、収穫、脱穀、そして選別が手間だ。自分でつくったお米で麹を、杵で豆を潰して味噌をつくることができたら、最高だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. アクセサリーを作って
  2. てんてぐ村
  3. はるのびより 創刊号

最近の記事

タグ

ページ上部へ戻る