日々のエッセイ

過疎地の春野のなかでも、かなりの限界集落だ

紅葉はこれから。清流がすばらしい。うちからここまで約7キロ。クルマで20分。デイサービスの送迎のクルマとすれちがっただけ。

石切(いしきり)という集落。いま6世帯が暮らしている。ほとんど高齢者。過疎地の春野のなかでも、かなりの限界集落だ。清流に面した30棟ほどの別荘のエリアもあるが、これまで人を見かけたことはない。

クルマがないと、買い物や診療所にいくのは難しい。車があっても、高齢になるとたいへん。豪雨になると、崖が崩れたり倒木があったりして、難所となる。

f:id:ichirindo:20171116074228j:image:w640

f:id:ichirindo:20171116074222j:image:w360

f:id:ichirindo:20171116074217j:image:w360

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. てんてぐ村
  2. はるのびより 創刊号
  3. アクセサリーを作って

最近の記事

タグ

ページ上部へ戻る