日々のエッセイ

後継者を求めている。お茶農家から相談を受けた。

後継者を求めている。お茶農家から相談を受けた。

そこは集落全体で、有機農法でお茶を栽培している。完全無農薬。輸出がメインということもあって、増収増益である。

その集落のなかのお茶農家が、後継者を求めている。広さは1ヘクタール。機械も道具もすべて揃っている。保証はできないが、年収は200万円くらいは、いけるのではないかという(手取りか税込みか聞き忘れた)。

収入が低くても、安定的な収益が見込めるというのは、田舎暮らしの必須の要件だ。安定した収入をベースに、いろいろな創作活動、木工やら陶芸やら、自然のものを活用したアートなども楽しめる。

その他、ニッチな仕事は、いろいろ見つけられると思う。若いうちにトライすれば、可能性はたくさん開けてくる。

行うのは栽培と収穫。営業をする必要はない。製茶組合が、すべて買い取ってくれる。いそがしいのは、一番茶の収穫の5月。そして2番茶の7月。

さて、どれくらいの労働量なのか、どれほどたいへんなのか。そこは、ぼくにはわからない。が、多くの農家は土日だけでやっている。お茶とシイタケの栽培、田んぼ、そして林業。複合的にやっている。

ぼくも若ければ、トライしてみたかったかも。お茶栽培をベースにして、林業だって、田んぼだって、陶芸も、木工も、自分で家づくりも……と。

当面の問題は、空き家がその集落にないこと。家が見つかるまでクルマで通うことになる。わがやから40分くらいかかるところ。

新規就農支援の活用、移住補助など、いろいろ複合的に活用していくことも可能かもしれない。やってみたい、関心があるということであれば、池谷まで連絡を。info@raksha.jp.net

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

    • やま
    • 2018年 2月 18日

    こんばんは。
    お話にとても興味深く読ませてもらいました。
    詳しい内容を聞きたいです。
    メールを打ちましたのでそちらを見て検討してください。
    よろしくお願いします。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. はるのびより 創刊号
  2. てんてぐ村
  3. アクセサリーを作って

最近の記事

ページ上部へ戻る