日々のエッセイ

コクゾウムシ退治

炎天下に玄米を広げてコクゾウムシ退治。あかりもお手伝い。

この時期になると米袋の中で、大量のコクゾウムシが発生している。もともと稲についていたものが、暑くなると繁殖するのだ。

まったくま無農薬米なので、発生する。というか、稲の収穫の段階でついている。どんどんと増えるとお米がまずくなる。ウヨウヨいるので、なにより気持ちが悪い。

お米を冷蔵庫に入れておくといいのだが、場所を取られる。唐辛子を入れるといいとも言われる。

わがやは太陽熱で除去の方式だ。炎天下にシートを敷いて玄米を広げた。30分もすると温度は50℃を超える。暑くてかなわんと、みんな逃げていってしまう。あるいは、そのまま脱水症状を起こして昇天してしまう。一日で何千匹もの殺生と相成った。

きょうも炎天下でコクゾウムシ退治。殺生はよくないんだけどね、おいしいお米のためにはやらねば。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. てんてぐ村
  2. アクセサリーを作って
  3. はるのびより 創刊号

最近の記事

ページ上部へ戻る