日々のエッセイ

子どもは子供同士で遊ぶのが、やっぱり一番いい。

ランの散歩の帰り、ほたる公園に寄ると、子供たちが遊んでいた。
おや、いつもあかりと遊んでくれるお姉ちゃんたちだ。
 
「あかりちゃんはー?」
「いるよ。元気だよ。一緒に、遊んでくれる?」
「連れてきてー」
「お姉ちゃんたちと遊ぶのを楽しみにしているんだよ。これから連れてくるよ。待っててね。」
帰宅して玄関で呼ぶ。
「あかりー。お姉ちゃんたちが遊んでくれるって。さあ、いこう」。
 
あかりは、だだだーと駈けてきた。もう嬉しくてしょうがない。
いそいで靴を履いた(左右逆だった)。走り出す。急げ急げ、急がないとお姉ちゃんたちが、帰っちゃう。
 
でも、途中、すこし曇った顔になる。
「こないだ、お姉ちゃんたち、遊んでくれなかった……」
 
そうだなあ。先日は、初めてのおねえちゃんたちで、あかりと遊ぶのに慣れてなくて、無視されたのだった。その思い出が残っているようだ。
 
「大丈夫だよ。お姉ちゃんたち、いまあかりを楽しみにしているよ」。
そう言って、一緒に公園まで走った。
 ■
二人のお姉ちゃんと一人のお兄ちゃんがいた。
「鬼ごっこしよう」
鬼になったら、つかまえる。つかまったら鬼になる。そういうのルールまで、あかりには、まだわからない。でもはしゃいでいた。
「ブランコやろう」
「滑り台やろう」
5歳になるおにいちゃんも、あかり見守ってくれてやさしい。
お姉ちゃんたちは、葉っぱをたくさん摘んできた。ウラがたくさん毛があるやつだ。その葉っぱを服につけるゲームを楽しんだ。
大きな葉っぱに目と口を開けて人間の顔みたいにして、それをペタッと貼り付ける。
とても嬉しそう。
やがて、夕方。もう外は暗くなった。
「また遊んでね」
「いつでもいいよ」
「ばいばーい」
子どもは子供同士で遊ぶのが、やっぱり一番いい。

f:id:ichirindo:20181101125858j:image:w640

f:id:ichirindo:20181101125903j:image:w360

f:id:ichirindo:20181101125909j:image:w360

f:id:ichirindo:20181101125913j:image:w360

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. はるのびより 創刊号
  2. てんてぐ村
  3. アクセサリーを作って

最近の記事

ページ上部へ戻る