日々のエッセイ

画家のアトリエとして、陶芸家の作業所として、木工作業所として

20160214193854

茶工場を見せてもらった。お茶の機械はすべて撤去してあって、まったくのフリーなスペースとなっている。88歳になるひとり暮らしの方がもっている。使いみちはきまっていない。

画家のアトリエとして、陶芸家の作業所として、木工作業所として使えるかもしれない。貸してくれるかどうかは、すんなりとはいかないと思うけど、(まちなかに暮らす息子さんの考えもうるし)、可能性はあるとみた。あたりはお茶畑が広がりのどこか風景。

このように宝のような資源が眠っているのが山里だ。こうして、人から人の紹介で訪ねて行くと道は開けてくる。時間はかかかるけど。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. アクセサリーを作って
  2. はるのびより 創刊号
  3. てんてぐ村

最近の記事

タグ

ページ上部へ戻る