日々のエッセイ

森下さんの森で杉の木を伐らせてもらう

稲刈り後の天日干しをする(稲架掛け)ための長い樹の棒(ナル)が必要で、田河内(たごうち)集落の森下さんの森で杉の木を伐らせてもらうことになった。森下さん親子で、懇切に樹の伐り方を教えていただいた。

足場の悪い斜面で重たいチェーンソーをもって伐るというのは、たいへん、そして危険。樹を倒すときも、これまた危ない。なかなかぼくには、難易度が高すぎ。

伐採した樹は3か月くらい放置して水分をなくしてから運ぶ。2メートルに切って、200本ほどのナルを作ることにする。田んぼ仕事のためだけど、こうして林業の体験まですることになったわけだ。

森下さんの森02 森下さんの森04 森下さんの森03

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. はるのびより 創刊号
  2. アクセサリーを作って
  3. てんてぐ村

最近の記事

ページ上部へ戻る