日々のエッセイ

山里というのは、ほとんどが親戚つながり

ちかくの公園で草刈りをしている方に声をかけてみた。ぼくは知らない人でも、声をかける。そこからつながっていくから。話をすると、奉仕で草刈りをされていた。集落の人たちとは、家系を辿っていくとほとんどが親戚つながりになるという。

あらためて気付かされる。山里というのは、ほとんどが親戚つながりなのだ。

昔は、ちかくの集落、ひとつ山を超えた集落の人との婚姻になるわけだ。しかも、きょうだいは8人とか10人とかたくさん。だいたい先祖がかぶることになる。

4代前の高祖父母は16人。8代前は256人。12代前は4,096人。きょうだいの分も含めれば、ものすごい数になる。で、集落のほとんどが親戚となるわけだ。

山里に移住するのは、そういう血縁集団のなかに、入るということでもある。単独で落下傘で下りたようなものだ。

しかも、幼なじみたちの付き合いの中に、である。80になってもたがいにいっちゃん、ちー坊、あさ姉……などと呼びあう。気心のしれたつながりばかりの中に。

そうして、やれ毎月の常会だの、庚申様の集いだとか、祭りだ、葬式だ、草刈りだ、河川の清掃だと、なにかと集いがある。

移住者というのは、気心が通じるまで時間がかかる。歴史を共有していないので、話題にも入りにくい。波動というか雰囲気もちがう。転校生みたいなものだからね。

さらには、山里の人たちは、話し上手ではない。こちらのことを聞いてこない。こちらも、聞かれなければ、すすんで話すことはない。コミュニケーションの苦手な人は、孤立しやすいわけだ。

こないだ民生委員を務めた方と話した。ひとり暮らしの移住者だが、すすんでその務めをされた。かれはつぶやいていた。ここは何十年暮らしても、よそ者でしかないんだなぁ、と。

のどかでいい人ばかりという、テレビ番組の「人生の楽園」のようなわけにはいかない。だからこそ、人間関係を作っていくのがおもしろいともいえる。また、所詮はほどほどでいい。縁のあった人とだけのネットワークをたいせつにしていけばいい。それも可能だ。まあ、どんな地域、世界にいても、そこはおんなじ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. アクセサリーを作って
  2. はるのびより 創刊号
  3. てんてぐ村

最近の記事

ページ上部へ戻る