日々のエッセイ

落に工房をひらくので、契約を交わしたい。そういう相談を受けた。

ある集落に工房をひらくので、契約を交わしたい。そういう相談を受けた。契約書の雛形がほしい、と。

甲は乙は……と、いきなり条文作る前に、確認することが幾つかある。

契約はそもそも「約束ごとの確認」のため。安心のため。お互いを縛るもの。

で、じつのところ、自分に都合のいいように、自分にリスクが来ないようにつくるのがポイント。いざというとき、争いになった時、そこが効いてくるわけだ。

まず「だれ」と「だれ」の契約なのか。

主体は、自分? 自分の属している組織? そのなかでの自分の立ち位置は? どこまでリスクを背負う危害がある?

相手は「だれ」?個人なのか、集落なのか? あるいは自治会長なのか?

そして、相手が心配するところは、なんなのか。リスクは何なのか。そこを明記して「ちゃんと責任を負います」と明記する、気概を示すと相手は安心する。

で、相手の心配するのは、こんなことだろうか。

たとえば、工房を貸してもいいけど、使うのは誰なのか、主体は誰なのか。どこまでリスクを背負ってくれるのか。

貸したはいいけど、やりっぱなしならないか。そのうち、どこかにいなくなったとはならないか。そのとき、後処理はどうするのか。

外部からいろいろ人が訪ねてくるかもしれない。集落にとっては、違和感と迷惑。たとえば、路上駐車。大声での立ち話。わが物顔での振る舞い。よそ者が、ことわりもなくキャンプして焚き火や飲み会などされたら困る。

そういうことに対する心配。そして、注意したいのに、だれに言っていいのかわからない。そもそも責任者はだれ? あんただれ? いままで何をしてきた人? どういう団体?

そんなところだと思う。で、そのことを整理して差し上げた。

そうして、完成した条文を持参して、ハンコを押してもらうのではなくて、たたき台として、シンプルに文書で示す。相手が、ここはこうしてほしいと、主張が入れられる余地を残しておく。一緒に約束事を作り上げるというのが、いいかたちだと思う。

そんなアドバイスをさせてもらったのだった。今年は、契約書とか規約づくりは5本くらいになる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. はるのびより 創刊号
  2. てんてぐ村
  3. アクセサリーを作って

最近の記事

タグ

ページ上部へ戻る