日々のエッセイ

山里では、ガソリンスタンドが次々と閉店している

山里では、ガソリンスタンドが次々と閉店している。価格競争による利益率の低下が要因だろう。山里のスタンドは、まちなかよりも10円以上も高いので、なかなか利用しにくい。いまは細々とやっているけど、いつやめるかわからない。そういうところが、近所に数店ある。

きょうガソリンを入れたところは、夫婦で経営していて、ともに80歳を超えている。動作もゆっくりだ。とっても親切でお話していて温かい心が伝わる。ほかよりも高くても、気持ちがいいのでよく利用させてもらっている。でも、「わたしたちはいつやめようか、どうしようかと毎日、話しているんですよ」と言っていた。

価格競争の利益率低下以外にも、いろいろ要因がある。たとえば、地下タンクは古くなると使い続けることができなくなり、入れ替えるか内部コーティングなどで対策をしなくてはならない。設備投資には、最低数百万円もの費用がかかる。とうてい、それを回収できる見込みはないので、やめていくということもある。

しかし、閉店するとなると、冬の灯油の販売や農機の燃料など、近所のお年寄りたちは困ることになる。ガソリンスタンドというのは、山里のいわばライフライン。これがなくなると、山里の暮らしが成り立たなくなってくる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. はるのびより 創刊号
  2. てんてぐ村
  3. アクセサリーを作って

最近の記事

ページ上部へ戻る