日々のエッセイ

こんな山奥に暮らしても、家にいながら、全国、全世界と交流ができる。

こんな山奥に暮らしても、家にいながら、全国、全世界と交流ができるテレビ会議だ。山奥から出向かなくても、会議ができる。
いま活用しようとしているのは、会議というよりも、生き方雑談会だ。うまくいけば、1日1〜2時間の雑談会(20時〜22時くらい)というのがよさそう。昨日から実験中だ。
テーマを絞ったほうがいいかな。ゲストがいて聞いていく。たとえばインドの友人とヒンドゥーの哲学について、インドネシアの友人とイスラム教について、山伏と神仏和合について、とか。
あいは一般的に、仏教や宗教を語りあう。墓じまい、看とり供養についてなど。ヒーリーングや代替医療。マインドフルネスについて。
いろいろな人の生き方を学ぶのか、いちばんおもしい。さらには、田舎暮らし入門、田舎暮らし相談会も開設できる。
録画ができるので、編集してYouTubeにアップも可能。取材を兼ねて本作りも可能
昨日は、チベット体操を教えている松下さんと会話。今日は、森下さんと縄文と超古代史について。デイサービスの経営について、あるマネージャーと。清水引きこもり研究所の原科さんと、ひきこもりの「親が死んだらどうしよう問題」についてやりとり。
さらには、猟師の山田さんとイノシシとシカの猟について、そこに名古屋から瞑想についての話で初めての女性が参加。それぞれおもしろかった。
テレビ会議は、これまでSkypeを使用していた。しかし、みんな使わなくなってきたので呼びかけても難しい。で、昨日から、ZOOMを使い始めてみた。Skypeよりも使い勝手がよい。設定のハードルが低いからだ。映像も音質も安定している。録画もできる。
こちらがホストになって会議室をセットして、そのURLを知らせるだけ。参加者は、そのまま会議室に入ることができる。会議は一期一会。その都度、新たにセットアップしたURLを開示する。
ただ、参加者には、ZOOMをインストールしなくちゃいけないケースもあるようだ。iPhoneスマホの違いかもしれない。パソコンからのアクセスなら、そのままクリックすれば会議に参加できるはずだ。
ともあれ、また新しい発信の世界が開かれようとしている予感
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. てんてぐ村
  2. アクセサリーを作って
  3. はるのびより 創刊号

最近の記事

ページ上部へ戻る