日々のエッセイ

さすがの集落だと思った

「生きてるーー?」と玄関の戸を開ける。「もう、だめですーー」との声。冗談で言ったのに、Mさんは寝ていた。もう起き上がれない。寝返りも打てない。食事もできないと言う。山里のひとり暮らしで、移住して10年だ。近くに身寄りはいない。このままでは、衰弱して死んでしまいそう……。
ということで、救急車を手配した。となり町のM町総合病院に入院となった。3日前のことだ。
 
近隣の人にも、元自治会長のTさんにも、伝えた。「うちの地域の人に、お世話していただいて、ありがとうございます」と言われた。
近所のSさんが、入院手続きなど、病院に通ってくれていた。途中経過など報告も頂いた。「お世話していただいて、ありがとうございます」とお礼も言われた。
さすがの集落だと思った。2年前、竹のアーティストのGさんが移住したときなど、集落あげて歓迎会をしてくれたのだった。
山のさらに奥で、川上という集落だ。かなり不便なところ。高齢者ばかりの61世帯。浜松駅まで往復140キロ、クルマで4時間余もかかる。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. てんてぐ村
  2. アクセサリーを作って
  3. はるのびより 創刊号

最近の記事

タグ

ページ上部へ戻る