日々のエッセイ

子犬のブリーダーから相談があった

子犬のブリーダーから相談があった。いまは町中で営業しているが、なき声などで近所の苦情がある。春野の広い土地で飼いたいという。

資金がないので、空き家を探している。まあしかし、空き家はたくさんあるけれども、貸してくれるかどうかは難しい。ましてやイヌがたくさんいるとなると、さらに難しい。

かなり山奥に行けば、かなり空き家がある。けれども、イヌを見にくる客には遠すぎて営業になりにくい。

春野では、猟師をしながらビーグル犬のブリーダをしている友人がいる。そのエリアには、ペット霊園もできた。

また、この集落には、捨てられたイヌやネコを世話している方もいる。何十匹と飼っている。捨てられたり虐待された動物たちを、世話している。エサ代だけでも大変だと思う。まったくの動物愛護の精神で行っている。

ともあれ、過疎の山里ならではの、ひとつのビジネスの可能性があるのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. アクセサリーを作って
  2. はるのびより 創刊号
  3. てんてぐ村

最近の記事

タグ

ページ上部へ戻る