日々のエッセイ

近頃、夫を亡くした方に出あったので、しばし立ち話。

保育園にあかりを連れている帰りに、近頃、夫を亡くした方に出あったので、しばし立ち話。
 
いまはひとり暮らしになった。出会うたびに、寂しそうな風情が漂ってくる。もう80はこえておられる。
─────────────────────────
「寂しくなりましたねぇ」と声をかける。
 
「そろそろ、祭が近づきますね。お父さんが祭りが好きだったなぁ、と思い起こされて、つらいですよ。
 
暑ければ暑い時、こんなことあったなあ、寒ければ寒いなりに、こんなこと言っていたなあと、思い出すんです」。
そう言っていた。
 
「月日が、年月が癒やしてしてくれますね」。
 
「一年、三年、五年、十年と月日が立つと薄れていくんでしょうね」。
─────────────────────────
「でもね、亡くなったということは、肉体から離れたということですよね。思い出したとき、いつも心にすっとお父さんが浮かんできますよね。亡くなったことで、いつも一緒にいるみたいですよね」。
そう言ってさしあげだ。
 
「たしかにね……。いつも、心にいますよ。今までいろんなことを散々言われ、文句も言われてきまた。みんなからあなたは、よく耐えてきたねと言われてきたんですよ。
 
でも、不思議なことに、亡くなったことで、そういったつらい体験が全部なくなってしまいました。いまは楽しい思い出ばかり。そして、つらかったことも、楽しいことになりました」
 
……そんな立ち話をしたのだった。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. てんてぐ村
  2. アクセサリーを作って
  3. はるのびより 創刊号

最近の記事

ページ上部へ戻る