日々のエッセイ

丸一日、NHKの取材だった

きょうは丸一日、NHKの取材だった。いまの「地方創生」という流れの中で、過疎地の定住促進を取り上げる企画だ。ぼくがNPO法人の代表として、あちこちの空き家を調査したり、あるいは移住希望者に空き家を紹介したり、そんな活動を紹介するという報道のかたちになると思う。

きっかけは昨日のNHKから突然の電話。その後、自治会総会でのアピールの時の取材と続く。で、きょうは朝から、まる一日かけて取材だ。スタッフの天野くんには、ずっとお付きあいしてもらった。一休の青木さん、勝坂の大石さん、砂川の横山さんにも、お世話になった。

まる一日の録画撮りだけど、最終的には編集して5分間の放映になる。しかし、テレビで5分間というのは、結構、長い尺だよね。マイクを差し出されて、カメラと照明を向けられて、喋るというのは、やはり緊張するよ。質問されたことに対して、喋っているうちに、……あれれ、いったいなんの質問だったのかなあ、とわからなくなったことが、しばしば。なので、ピンぼけシーンが続出だと思う。う~む。恥ずかしい。

かなしいかな、カッコよくみせようとするサガがでる。いきおい肩に力が入る。立派ないいことを喋ろうとする。でも、そんなことしたって、所詮は底が見えている。言葉と身体が分離してしまう。すぐに見透かされている。映像ではそれが露わになってしまう。なんとも、恥ずかしい。放映されるのは、明日の18時10分からの「たっぷり静岡」という番組だ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. はるのびより 創刊号
  2. てんてぐ村
  3. アクセサリーを作って

最近の記事

タグ

ページ上部へ戻る