移住と空き家

  1. 二組の移住相談

    激しい雨の中、きょうは2組のお客さんが来訪。宮大工の学校を作りたいと、廃校や木工所を探している高田棟梁。東京の町田市から来られた。先月は、ぼくが東栄町(愛知県)と水窪町の廃校や木工所を紹介した。きょうは井口園さんの案内で、春野山の村などを訪問。その帰りに寄ってくれた。まあしかし、このプロジェクト、思いはあっても、なかなか具体的には進まない。本人も高齢だし、過大な投資もできない。[続きを読む]

  2. 楽舎の「生き方講座」のご案内。

    7月4日(土)14時から「中国の電気自動車」と題して、中国の山東省で電気自動車の技術指導されている後藤正徳さんにお話をしてもらいます。参加費無料、予約不要。定員30名。楽舎の学校〈らくあん〉として、春野町の藤ノ瀬ホタル公園の近くの民家をお借りして、7月から、講演、コンサート、移住説明会・相談会を開催していくことになりました。その第一弾です。[続きを読む]

  3. 生き方講座 中国の電気自動車事情

    国で電気自動車の技術指導をしている後藤さんご夫妻が来訪された。そして、腕の手術で退院された帰りということで、竹細工の梅沢さん、そして田んぼ仲間の若林君も寄ってくれた。後藤さんは、来月の7日に中国にお帰りになる。それでは、楽舎の学校〈らくあん〉で「生き方講座」の講師をしていただこうということになった。[続きを読む]

  4. 日々、移住相談の来客

    きょうは、移住相談のお客さんが二組。午前中のお客さんは、役場の壁に貼られていたぼくの新聞記事を見て来られた。なんと中国におすまいだ。山東省で電気自動車の技術指導をされている。ホンダとヤマハで長年、技術管理や設計をされてきた。弁理士の資格もあり、知的財産権についても詳しい。帰国した時に滞在する家として、春野の山里で暮らしたいということだった。[続きを読む]

  5. 別荘を売りたという相談

    Oさんが訪ねてきた。春野町にある別荘を売りたという相談だ。築13年。3LDKの2階建て。森のなかにある別荘地。ここは7世帯の集落で、定住者は1~2名。森といってもほとんど杉と檜ばかりで、成長が著しく、見晴らしはよくない。日当たりもよくない。杉と檜を皆伐すれば、気田川が眺められて風景も良いのだけど。1800万円かけたので、できれば800万円で売りたいという。[続きを読む]

  6. 楽舎の学校〈らくあん〉のスタートへ

    6月からスタートする   は、地域の寄りあい場としてコンサート、講座、会食、移住説明会など行う。平屋の古民家、そして元お好み焼き屋の店舗が併設されている。手直しすればカレーショップやお好み焼き屋ができそう。宿泊もできる。ホタル公園がすぐ近く。そこには豪勢な東屋があって、会議室になる。立派なトイレ(後ろに写っている建物)と給水設備もある。いつもは、ほとんど人がいないので、独占状態だ。[続きを読む]

  7. 勝坂の空き家に住みたいという

    月に3~4件の移住相談がある。こちらの時間が許せば、春野の空き家を案内している。19日はOさんを案内。行政からの紹介だ。木工をやりたい、辺鄙なところで構わない、人里離れた空き家を希望。そこで、神楽の里の勝坂の空き家を案内した。廃屋になりかかっているが、自力で修繕できそうな家がある。そこを気に入ってくれた。ここの家賃は、なんと年間6千円。家の前には清流がながれ、草を刈れば広い庭が現れる。[続きを読む]

  8. 引佐町の久留女木に大きな空き家

    先週は、友人のTさんが来訪。あちこちにたくさん山を持っておられる。森が好きだ、たいせつにしたいということで、天竜の山の各地を買っている方だ。その方が、引佐町の久留女木に大きな家を持っている。広大な風格のある家だ。見晴らしもいい。インターも近い。いまのところ使う予定もないので、貸したいという。以前、ベジタブルレストランをひらきたいという方に紹介したが、うまくいかなかった。[続きを読む]

  9. 杉の一軒家が気に入って、そこにきまりそう

    22日は、O夫妻が春野への移住相談に来られた。いま住んでいるところが、お茶の産地で消毒とファンの音が耐えがたいということで、静かな森を探しているとのこと。楽舎の学校〈らくあん〉で、いろいろとお話を聞いた。スタッフの若林君に杉と勝坂エリアの空き家を案内してもらった。杉の一軒家が気に入って、そこにきまりそう。家賃はおそらく5千円くらいだと思う。敷地がかなり広いので、畑もハーブ園なども可能だ。[続きを読む]

  10. 学生たちを連れて春野を案内

    きのうは、学生たちを連れて春野を案内した。浜松学院大の地域共創学科、津村先生と学生たちが来訪。楽舎が受け皿となって、地域おこしのプロジェクトをすすめていくことになる。6月からスタートする「楽舎の学校〈らくあん〉」を案内。ここで10人は寝泊まりができる。自己紹介は、ほたる公園で。知らないおじさんが寝ていたところに、どやどやとぼくらが集まる。おじさんも、ついでにミーティングに参加してくれた。[続きを読む]

おすすめ春野くらし

  1. はるのびより 創刊号
  2. てんてぐ村
  3. アクセサリーを作って

最近のエッセイ

ページ上部へ戻る