日々のエッセイ

学生の力で、耕作放棄地をよみがえらせる

20150517132659

山里はいたるところ耕作放棄地ばかりだ。学生たちの力を借りて、耕作放棄地を再生させる仕事もある。ススキを引っこ抜き、雑草を刈り取り、土を耕す。

それは可能だ。しかし、学生たちをたんなる労働力としての活用だけになったら、もったいない。ただ、学生たちが、継続的に耕作して、野菜などを栽培できるかというと、かなり難しい。その蘇った畑を生かしていく人が現れなければ、再生の意味がない。

生の力で、耕作放棄地をよみがえらせる。そして、その畑をきちんと管理する人がいる。学生たちは、定期的に畑を訪れては、世話をする。地元と交流できるような道筋をつける。それがいいのだが。

浜松学院大の先生の学生たちを一日かけて案内した。スタッフの天野くん(写真の右)も同行した。かれの暮らす植田という集落なら、それが可能かもしれない。天野君は、オーストラリアでパーマカルチャー学び、埼玉で有機農業の修行をしてきた。かれが耕作放棄地を継続して管理していく。学生たちを廃校の公民館(写真の左)に泊まらせて、地元の人と交流させていく。そんな道筋も考えていきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


おすすめ春野くらし

  1. アクセサリーを作って
  2. てんてぐ村
  3. はるのびより 創刊号

最近の記事

タグ

ページ上部へ戻る